Admin New entry Up load All archives

「永遠と今、日記。」

野良猫の写真や動画、その他、日々感じたことを書いてます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

ゴールニャンが死にました 

今、とても悲しいです。
昨日まで元気に飛び跳ねていたゴールニャン・・

昨日の夕方に、両手で抱き上げたのが最後になってしまいました。

おそらくですが、車かバイクに轢かれたようです。
顔の左側がつぶれていました。

僕が不在の間に、両親が発見したらしく・・
動かなくなったゴールニャンの傍らには、ミケとバットニャンが
じっと佇んでたそうです。

その後、両親がゴールニャンを埋葬してしまい・・
(僕に断りもなく!ちょっと腹が立ちました。)

仕方なく少しだけ掘り返して
冷たくなったゴールニャンに別れをしました。
大好きだったミルクを口元に注いでやり
カリカリを一つまみ、口元に置いてから土をかけました。

さようならゴールニャン・・
マイピクチャ¥猫-4 301

母猫のミケは、どんなにつらいでしょう。
ゴールニャンが突然いなくなってしまった・・
とても混乱してると思います。
マイピクチャ¥猫-4 304

まだ僕も、ゴールニャンが死んだなんて
どこか受け入れきれません。
信じたくない気持ちです。

(11月6日、西日の中で。)
11月6日

ゴールニャンの写真を
追記で載せます・・

ママに甘えるゴールニャン。
(10月23日)
猫-2 231

猫-2 232

空き地にて。
(11月4日)
11月4日

ご飯を終えて。
(11月6日)
11月6日-2

母親のミケが、バットニャンよりも若干ゴールニャンを可愛がっていたのは
この子の命が長くないのを予感していたのかも知れません。
(11月9日)
11月9日

すくすく育っていくゴールニャン。
(11月24日)
11月24日

ブッチと戯れる。
(12月1日)
12月1日

棕櫚の木によじ登るゴールニャン。
最後の写真です。(12月1日)
マイピクチャ¥猫-4 295

今日、突然に兄弟を喪ったバットニャンですが
生きるために食べなくてはなりません。(12月2日)
マイピクチャ¥猫-4 303

ミケよ。
今日は悲しい日だね・・
マイピクチャ¥猫-4 310

バットニャン。
君は生きろよ。
ゴールニャンの分までも。
マイピクチャ¥猫-4 319
この日記を書いている最中も
ミケの鳴き声を聴きました。
呼びかければ、もしかしたらあの子が帰ってくるかもしれない・・
そんな気持ちなのかも知れません。

category: 悲しいこと

thread: 今日の出来事  -  janre: 日記

CM: 4 TB: 0   

コメント

悲しい・・悲しい・・悲しい・・

こんばんは。

昨日の写真がとても胸に響きます
次の日に悪夢なことが起きるとは思わなかったでしょうね

誰がこんなに酷いことをしたのでしょうか
動物は反することできない無抵抗な存在です
人間社会の中で一生懸命生きてるのに可哀想でなりません

ゴールニャンはこの世に生まれて優しいあと半分。さんと出会い
どんなに毎日が幸せだったことか・・

哀しくて哀しくて哀しくて涙が止まりません
あと半分。さんのお気持ち凄く分かります
とても辛いと思います、ゴールニャン天国でも幸せにね・・

雫 #ICazf28Y | URL | 2010/12/02 22:44 - edit

雫さんへ

昨日の日記で、無事である幸せを書いていたとき
今日のことは夢にも思いませんでした。

今、ゴールニャンは突然一人ぼっちになって
とても混乱してるのではないかと思うのです。
もしかしたらですが。
向こうの世界で、ママを求めて泣き続けてるのではないかと・・

僕も、とても悲しくて涙を流しましたが
雫さんもゴールニャンのために涙を流して下さいました。
その涙はきっと、ゴールニャンの慰めになったと思います。
感謝しています・・

9月の下旬にゴールニャンとバットニャンを見かけて
それからわずか2ヶ月間・・
恐らく半年足らずの命だったのではないかと思います。
最初はとても臆病でしたが、最近のゴールニャンは
僕のひざや肩によじ登ったりして、とても可愛かったのです。
昨日、最後とは知らずにゴールニャンを抱き上げたとき
やわらかな体はとても温かかったです・・

今でも玄関のドアを開けると
向こうからゴールニャンが走って来るんじゃないか・・
ミャ~ミャ~鳴きながらまとわりついて
ご飯をねだるんじゃないか・・
そんな気持ちでいっぱいです。

ゴールニャンのことは忘れられません。
天国でいつかみんなで遊ぼうね・・
そう呼びかけたりしています。
寂しくなったら、また僕の肩によじ登っておいで・・

雫さんが流して下さった涙は
ゴールニャンを天国へ導いてくれると思います。
今夜、一緒に涙を流して下さったことに感謝しています。

あと半分。 #- | URL | 2010/12/03 00:28 - edit

凄くショックで、可哀想で、いま涙と鼻水でぐしゃぐしゃです。。

いつも通り、あと半分。さんのブログで
可愛い猫ちゃん達の写真を見ようと思ったら・・・
ゴールニャンの身にそんな事が起こっていたなんて。
あと半分。さんの所の野良ちゃん達は恵まれた環境って、話していたばかりなのに・・・

成猫でも車やバイクは危険な存在なので、
子猫のゴールニャンにはなお更、避ける事等出来なかったのでしょうね。
とても悲しいですが、、
ゴールニャン、今まで沢山、可愛い姿と表情を見せてくれて
どうもありがとう。。
安らかに眠ってくださいね。





Maruko #s3b5e.c6 | URL | 2010/12/03 09:40 - edit

Marukoさんへ

日本時間で、現在、3日の午前11時を過ぎましたが
一夜明けてもゴールニャンを思うと悲しくなります。

あれは悪い夢で、窓から外を見ればゴールニャンがいるんじゃないか・・
そんな空しい希望が一瞬浮かんだりします。
でも起きた悲劇は変えられないんですね・・

わずか2日前には元気だったゴールニャン。
僕の足に体当たりしてきた子猫は
もう二度と鳴かないし、動かない・・
決して帰って来ないんですね・・

事故が起きた道は田舎道ですが、車やバイクが時々通ります。
いつか良くないことが起こるんじゃないか・・
いや、警戒心が強いしきっと大丈夫だろう・・
ミケがうまくリードしてくれるんじゃないか・・
いろんな気持ちが起こり、心配したり打ち消したり、
それでもご飯をもって外へ出ると
ゴールニャンは、いの一番で駆けつけてくれて
その姿で、いつもホッと安心していました。

でも今回、どうしても避けられないタイミングが
ゴールニャンを襲ったんですね・・

昨夜から未明にかけて
こちらは強い雨が降りました。
ゴールニャンが泣いていたのかも知れません。
突然襲いかかった凶暴な力の後で
一人ぼっちにされたあの子は、どんなに泣いたかと思います・・
今どこにいるのでしょう・・
まっすぐに神様のもとに行けただろうか・・
まだこの世に迷っているなら、ママを見つけられたかな・・
ママの居場所がわからなかったら、僕の中においで。
いつものご飯の時間に、ママに会わせてあげるから
またママの中に帰ればいい・・

目を閉じて、ゴールニャンに語りかけたりしました。

いつもブログを見てくださって
ゴールニャンを愛してくれたMarukoさん・・
Marukoさんが流してくれた涙は
ゴールニャンを慰め、包み込んで、天国へ導いてくれます。
きっと事故直後は真っ暗な所へ行ったかもしれない・・
その暗闇に光を投げかけ神様のもとへ導くのは
ゴールニャンを悼み、流してくれた涙だと思うのです・・

悲しい事故でしたけど、あの子はきっと天国へ行けたと思います。
Marukoさん、共に涙を流してくださって感謝しています。
あの子もきっとMarukoさんに感謝しています。
ありがとうございました。

あと半分。 #- | URL | 2010/12/03 12:10 - edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://glance22.blog95.fc2.com/tb.php/689-a23884e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。