Admin New entry Up load All archives

「永遠と今、日記。」

野良猫の写真や動画、その他、日々感じたことを書いてます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

八王子駅ビル無差別殺人 

またかという感じ。秋葉原の事件の時にも、元警視庁捜査1課長のなんたらさんとか、犯罪心理学の第一人者でいらっしゃるだれべえさんとか、盛んに熱く語っておられたけど、そういうお喋りはクソの足しにもならんという事ですな。クーラーの効いた研究室の中で考えた理屈が犯人に通用しますかね?事件はまさに「現場で起こってるんですよ」!

TKY200807220358.jpg
(女性二人が刺されたビル1階エレベーター付近を調べる警察官ら)


この事件のスタイルは秋葉原とまったく同じなんだよな。「現実に嫌気が差して、腹いせに誰でもいいから殺したくなった犯人」と、「たまたまバイトでそこにいた為に犠牲になった女子大生」という関係・・。

TKY200807220357.jpg
(事件のあった商業ビル=23日午前0時40分、東京都八王子市明神町3丁目)


こういうのも昔から受け継がれてきた血なんだろうな。刀が包丁に変わっただけだ。面識もない、なにも恨みがない相手を、ただそこに居たからというだけで切り殺す。侍の時代で言うところの「辻斬り」ですか。誰の中にもそういった「殺しの遺伝子」は潜んでいるのかもしれない。じっと息を殺して。何かの拍子に突然表に現れる。

TKY200807220350.jpg

この事件現場の前を走る国道20号は、最近僕も走ってるんですよ。八王子の風景、土地の匂い、人の往来などを思い出しました。もしかしたら僕はその時、犯人とすれ違っていたかもしれない。ふと立ち寄ったコンビニで、犯人と並んで雑誌の立ち読みをしていたかもしれない。そんなもんです。人の世なんて。僕はそのまま犯人と別れたけど、今回の被害者は刺し殺されてしまった・・。誰の身の上にも、生死は紙一重で息づいているのではないでしょうか・・。


photo/asahi.com

category: 写真日記

thread: 写真日記  -  janre: 日記

CM: 4 TB: 0   

コメント

あと半分。さん

本当に身勝手な奴(言葉汚いですね)ばかりです
親が相談に乗ってくれない、仕事がどうのこうのって
それぐらいの悩みは誰しもが持ってるわけで
だからと言って、
「嫌になる、どうでもいい気持ち」の向き方が
殺人だなんて本当に間違ってる!

誰でもいいから殺すと言う発想はどこからくるのでしょうか!!?

この時代だからいつ被害者になってもおかしくないですね
そうなる前に、こうゆう人達をなんとかしなくては・・

追伸:
テンプレート変更したんですね
1回目、2回目より、このテンプの方がいいかなぁ
夏っぽくて猫も可愛い^^

雫 #ICazf28Y | URL | 2008/07/23 20:57 - edit

雫さんへ。
テンプレート、ころころ変えてます。飽きっぽいところがあって、しばらく気に入ってても「そろそろ飽きたなぁ~」ってなります。また突然変わると思いますが、その時はよろしくです。
 ・・八王子の事件。こういう無差別殺人はなくならないでしょうね。というか、現在進行形で起こり続けてますからね。犯人の動機や生い立ちなんかを研究しても始まらないと思うし。あとはそういう人間に出くわさないことを祈るくらいしか出来ないですよ。日本は平和なふりをしてるだけで、案外戦場と大差ないような瞬間がごろごろしてるんじゃないでしょうか?無駄死にだけはしたくないですよね。気をつけましょう。(気をつけようがないですけど・・)

あと半分。 #- | URL | 2008/07/23 21:27 - edit

理解出来ない事件ばかり

私には、理解出来ない事件です。
秋葉原の事件もそうでした。
どうしてそんな思考に至るのか・・
全く理解出来ない。
誰の心にも確かに・・そう言う感覚は
あるのだと思います。
でも、いくら・・私が、心を病んでいても
絶対になりたくない・・
こうなる位なら・・自○の方が・・
マシだと思う・・私は、やっぱり変なのでしょうか?

∵青竜楼∴ #cx3VXk2. | URL | 2008/07/24 18:10 - edit

青竜楼さんへ。
僕も、もし誰かを殺すか、自分が死ぬかしか選択肢がなかったら、自殺を選びます。どんな哲学を持っていたとしても、人殺しが許されるはずがないですから。ただ今回の犯人は、自分の行動に対する哲学など持ち合わせてないようですね。「事件を起こして有名になる」この程度の考えで殺された女子大生が憐れです。でも、あらゆる人間が関係を持ちながら生きていかねばならない以上、青竜楼さんや僕の目の前にも殺人鬼が立ちふさがるかもしれません。そうならない様に祈ることしか出来ませんが・・。

あと半分。 #- | URL | 2008/07/24 20:09 - edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://glance22.blog95.fc2.com/tb.php/61-d0eb7dd0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。