Admin New entry Up load All archives

「永遠と今、日記。」

野良猫の写真や動画、その他、日々感じたことを書いてます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

ヨブ記より 

ある日、神の子たちが来て主の前に立った。
サタンも来て、その中にいた。
主はサタンに言われた。「あなたはどこから来たか」
サタンは主に答えて言った。「地を行き巡り、あちらこちら歩いて来ました」
主はサタンに言われた。
「あなたは私のしもべヨブのように、全く、かつ正しく、神を恐れ、悪に遠ざかる者の
 世にないことに気づいたか」
サタンは主に答えて言った。
「ヨブはいたずらに神を恐れましょうか。あなたは彼とその家、およびすべての所有物の周りに
 くまなくまがきを設けられたではありませんか。あなたは彼の勤労を祝福されたので、
 その家畜は地にふえたのです。しかし今あなたの手を伸べて、彼のすべての所有物を
 撃ってごらんなさい。彼は必ずあなたの顔に向かって、あなたを呪うでしょう」
主はサタンに言われた。
「見よ。彼のすべての所有物をあなたの手に任せる。ただ彼の身に手をつけてはならない」
サタンは主の前から出て行った。
N03340_9_convert_20090819202308.jpg

category: ノンフィクション

thread: 日記  -  janre: 日記

CM: 2 TB: 0   

コメント

こんばんわ

おお、あたしの大好きなヨブ記ですね。
ヨブがサタンにふまれてる~~~(涙)
横でうなだれているのは、奥さんでしょうか。
あとで来る友人でしょうか・・。
ヨブの試練も、ほんとに理不尽といえば、
理不尽な試練ですよね・・。
ほんとに神様はなにを考えてるのやら・・。
でも、あたしはこのヨブ記に心を慰められたんです。あたしはヨブだ・・って最初読んだとき、感じたんです。共感したってゆうか・・。
でも、今になって思えば、あたしはヨブみたいな正しい人間じゃないし、ヨブほどの試練でもないんだけど・・。
ヨブの気持ちがなんかすごいわかったってゆうか・・。

あと半分さんがアップしてくださる聖画は、初めてみるものが多くて、嬉しいです。
ありがとうございます。
上の、お父さんの手伝いをしてるイエスも初めて見ました。
なんか、自分の予想よりヨセフさんがちょっとふけてる?って思いました^^
聖書では、子供のころは、ちょっとしか出てこないですが、きっとこうゆう風に普通の親子をやってたんですよね。
イエスの、伝道を始めるまでの30年って結構気になります。何やってたんだろうって・・。
アップ感謝です。

それと、うちのほうに優しいコメントをありがとうございました。
慰められました。。
感謝です。。

主の祝福がありますように・・・祈ってます・・。v-22

はなこふ #RAa2TALo | URL | 2009/08/20 20:27 - edit

はなこふさんへ

ヨブ記ですけど、読んでると涙が出てきますよね。
ヨブの試練はどれほど苛烈極めるものだったろう。
その只中でも崩れなかった彼の信仰。
本当に涙なくして読めない物語です。
そういう人たちの命がけの信仰が、ず~と現代の
我々まで続いてるんだなって思うんですよね。
ヨブ記は一つの物語としておしまいではなくて、
それは生きているんだって感じます。聖書の中の話は
ぜんぶ先人が血を流して生身の体で戦った記録ですから。
だから、はなこふさんも僕も、ヨブ記を読むと泣けちゃうんじゃないでしょうか。
つくり話では涙は出ませんよね。血が流れて命が脈打ってるからこそです。
ヨブははなこふさんであり、僕でもあると思います。

「大工のヨセフ」の絵ですけど、サイトで見つけました。
ルーブル美術館に架かってるそうだから有名な絵なんですね。
僕も初めて知りました。解説に書いてあったんですが、ヨセフはマリアと結婚した時点で
すでに老人の年齢だったそうです。こんな絵になるくらいだから
本当のことなんだと思いますが。この絵を描いたラトゥールですが、
ルイ13世の宮廷画家にまでなった人みたいです。
なので、この絵にもかなりの信憑性があると思います。
きっとこんな風景があったんだろうなという・・。

あと半分。 #- | URL | 2009/08/20 21:32 - edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://glance22.blog95.fc2.com/tb.php/396-902d544d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。