Admin New entry Up load All archives

「永遠と今、日記。」

野良猫の写真や動画、その他、日々感じたことを書いてます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

福岡の中1少年の飛び降り 

20090129-00000008-maip-soci-thum-000.jpg

19日(月)に福岡市西区小戸で、登校途中の中1男子が飛び降り自殺した。
理由は担任の男性教師(37)から受けていた体罰。
携帯には、友人宛ての未送信メールが残っていた。
少年は自殺直前に、母親の携帯に10回以上電話をかけたが
母親が勤務中だったために繋がらなかった。
留守録に泣き声だけが残されていた。

こういう自殺がずっと続いている。
周囲の人間は冷静にニュースを視聴し、おそらく
「そんなつまらないことで自殺する方が悪い」と心の中でつぶやいている。
教師は問題にされずに、生徒の方が断罪されている。

本当に生徒が悪いのか?

「死にたいやつは死ねばいい」
「もっとつらい状況でもみんな生きているんだ」
「ただの甘えだよ」
「残された者がどんなに悲しむかしれないのに」
「まわりの迷惑も何も考えないんだから」

こんな気持ちにしかなれないから
すぐに次の自殺が起こる。
たぶん、今この瞬間に、死を遂げた者がいる。

category: 日記

thread: 日記  -  janre: 日記

CM: 4 TB: 0   

コメント

悲しいニュースですね・・。
電話を受けれなかったお母さんは
一生、自分を責め続けるでしょうね。
それを考えると、かわいそうすぎます。

体罰なら、周りの先生やもちろん生徒も
きっと見てただろうし、なんで、とめれなかったんでしょう。

私たちの時代は、体罰が当たり前で、みんなが
されていたから、なんとか我慢できました。
でも、この少年はここまで追い込まれるくらい
だから、一人だけ、攻撃されていたんでしょうね。
結局、先生も生徒も「見てみぬ振り」だったんですかね。
暴力教師が怖くて?あまりに理解不能です???

自分が巻き添えになりたくなくて、
見て見ぬふりをするのが、最近は
当たり前ですね。。。そこにすごい罪悪感が
あればまだ救われますが・・。
電車の中で、レイプされた事件とか・・
めっちゃ憤慨しました。
そりゃ、怖そうな男だったみたいだから、
とめるの勇気がいるけど、一人では無理でも
みんなで協力したら、防げたはずです。
日本人の鈍感力は、かなりの頂点に
達してますね。。。。そして、自己防衛力は加速してゆく。。。
悲しい事実・・・。

それでも、私は勇気を出します。
やくざの親分に注意したことあるんですよ、私^^
(もちろん、親分とは知らずに)人生で一番の武勇伝です。???
身近な人には「二度とそんなことせんといて」とあきれ果てられた。
身近じゃない人には、「よくやった。すごいねー。あなた」とほめ?られた。
でも、クリスチャンだから、あとで親分に謝ったし、親分のことを
祈りました。

まあ、それはどうでもいいことで。

若い命が逝ってしまうのは、本当に悲しいです。
それにも意味はあると思うけど。
校長の態度は理由はよくわかるけど、前ドラマで
絶対に学校側の記者会見で、あやまったり、罪を
認めるようなことは言わないように、弁護士に
言われてた。そのマニュアルどおり・・。裁判になった時
賠償請求されたら大変だし、とにかく裁判で不利になる
から・・。
でもそんな事情も知らず、知っていても
この大人の姿を、子供たちはどう思い、これからの
その子供たちの価値観ってどうなってしまうのか・・・
学校制度は大きく変革しないとだめですね。
教育現場は先生の手に負えなくなっています。実際。
先生も心を病んでしまう人増加の一方だし。

はなこふ #- | URL | 2009/01/30 10:42 - edit

はなこふさんへ

・・今の学校には何も望めないですね。こんな世の中で、こんな学校の中に、とてもじゃないけど愛する我が子を預けられたもんじゃないですよ。僕は結婚もしてない子供もない身なんで、こういう時だけはチョンガーであることに慰めを感じるんです。もし子供がいて学校に預けなければならなかったら・・を考えるとぞっとします。・・それにしても、はなこふさんの武勇伝はすごいな。尊敬します。なかなかできないことですよ。だめなことをだめだと言うのが一番難しい。なんで人間こうなんでしょうね。やっかいごとには見て見ぬふり・・は親から学ぶんでしょうか?「見ざる・聞かざる・言わざる」を思い出してしまいました。人生を生き抜く知恵の教えのはずが、日本人は意味を取り違えてしまってるんですよね。「言わざる」でも、言うべきことは言わなければならないんだし、それが言えたはなこふさんは素晴らしい女性です。僕はおそらく・・言えないです。言わざるの悪い例の、言えない男です。だから世の悪に対してもノーという資格がない男なんです。・・この「資格」という言葉はこわいですよね。いろんな意味で使われるけど、言葉の本当の意味は、「人間としての資格」「生きる資格」だと思うんです。日常生活で、仕事や趣味のために取得する資格は、資格という言葉の意味の上っ面の部分でしかない。本当の意味は実に恐ろしいものなんだって思います。本当にそれを見つめてしまったら、死ぬしかなくなってしまうようなものが「資格」であると。・・・また難しく考えだしてしまった。これが悪いクセで。こんな風に考えるから死にたくなったりするんですよね。もっとバカになりたい。天才バカボンみたいに。「タリラリラ~ンのコニャニャチワ!」みたいになれたら最高なんだけど・・。でもヤクザの親分にモノ申したはなこふさんの話には感動しました。

あと半分。 #- | URL | 2009/01/30 13:19 - edit

バカボン

バカボンいいですよね~。ほんとの天才だと思う、赤塚不二男さんは。
タモリが読んだ弔辞が良かったです。たぶん有名な話だから、ご存知だと
思いますが、「これでいいのだ」とゆう言葉は、あらゆるすべての存在を肯定する言葉だとゆう
内容で・・・。「これでいいのだ」がそんな深い言葉だとは思いもよらなくて。
赤塚さんってほんとに弱いものも、人から馬鹿にされるような人もみんな「それでいいのだ」って
受容できる優しさを持ってたんだ・・・って亡くなって、タモリによって理解しました。
赤塚さん自身がきっと、繊細で弱い人だったんですよね。お酒飲まないと喋れないほど
シャイだったらしいし。
今日、バカボンの再放送見ながら、ああ、この人は人間が常識だと思ってることが、実は
すごくおかしなことかもしれないんだよって、自分のものさしだけで、考えないで発想を
転換してみたら、おもしろいよ。今までの世界が変わって見えるんだよってことを、伝えたかったんだ
と、あのへんてこおもしろワールド見ながら、真剣なこと考えてしまいました。
バカボンで、こんなに語る変な人でごめんなさい。「これでいいのだ」

はなこふ #- | URL | 2009/01/30 22:23 - edit

はなこふさんへ

・・バカボンがそんなに深いマンガだったなんて。ちょっと驚きです。言われてみれば、あのマンガって何か逆説的な感じだったなって思いますね。今からすればで・・子供のときはポヶ~って見て笑ってただけでしたが・・。タモリの弔辞はテレビのニュースで少し見ただけだったので、はなこふさんの言ってる箇所は知りませんでした。全ての人間を受け入れる意味の「これでいいのだ」・・・ちょっと崇高な精神で、僕にはとてもできない。僕はどんな人でも基本的に好きになるけど、相手からわけもなく憎しみをぶつけられると、さすがに嫌いになる。そういう種類の人間・・「争って相手を踏み潰すことに価値を感じるタイプの人間」であっても、何とか理解してうまくやろうとするんだけど、通じない場合がほとんどですね。そういう連中は、闘争の中に価値を見出してるみたいで。・・・なんか話が逸れちゃいました。とにかく、案外「受け入れる」って難しいです。バカボンのマンガを「くだらない娯楽マンガ」としか受け取ってなかったこと、赤塚さん、申し訳ない。そんな哲学が込められてたんですね。僕はバカボンの境地には到底たどり着けそうにないです・・・。

あと半分。 #- | URL | 2009/01/31 01:21 - edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://glance22.blog95.fc2.com/tb.php/214-ee801cae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。