Admin New entry Up load All archives

「永遠と今、日記。」

野良猫の写真や動画、その他、日々感じたことを書いてます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

二人の天才 

清原和博、41歳。

bbl0808190131000-p5.jpg

「記録」より「記憶」の男。

bbl0808190131000-p3.jpg









江頭2:50、43歳。

a83a3e32aba5c17dc3fa1f197cf9dfed-o.jpg

「ワンクールのレギュラーよりも、一回の伝説」がモットーの男。

20080816193805.jpg


8281709c.jpg

天才たちには、何かしら通ずるものがあるようだ・・



スポンサーサイト

category: ニュース

thread: 写真日記  -  janre: 日記

CM: 2 TB: 0   

みじめな中国と繰り返される歴史 

懲りない五千年な人々

20080812-3808216-1-L.jpg

これ知ってますよね。全部ウソだったって話。連中の思考回路もどうしたもんだろ。中国の遊園地はディズニーや日本のアニメのキャラのパクリだらけって有名な話だけど、オリンピックでそれやるなっつの。ハリウッド映画のCGに感動した共産党の幹部が「これ、パクっちまえ。オリンピックでやっちゃおう」ってなったのか?「コンピューターの技術においても我が中国は世界レベルである」と言いたかったんだろう。バカも休み休みやれっての。

9276890131.jpg

でもまだ終わりじゃなかったから驚いた。今度は開会式で歌った少女が口パクだよ~んって、いい加減にしろ!

F2008081215303901139.jpg

この笑顔満点な表情で一生懸命歌ってたよね?この子は林妙可ちゃんで、いわばビジュアル用だったんだと。実際に流された「歌声」は楊沛宜ちゃんという子が歌った歌の録音だった。この件について開会式の音楽担当者は「国益のためだ!文句あるか!」と威張ってるらしい。おいおい勘弁してくれ。オリンピックの意味わかってねえな。国際的な祭典の場で口パクやっちゃう低能さ加減。連中には「良心」とかないのかね?まあそれ以前に国際舞台のホストが勤まるような器にないってことだな。開会式見てても、いつまで5千年にしがみついてんだかって感じだし。墓場からほじくりだしたもの(歴史)しか誇れるものがないみじめさ。いつまでたっても過去に生きてる人間たち。過去からはなれて現在の何かをやろうとしても何もできずに結果、パクリやヤラセだらけになってしまう。その言い訳はすべて「国益のため」・・情けない連中だな。まあ・・かわいそうでもあるか。



歴史はくりかえす。

 日本にいるとグルジアで戦争が起きてることが感じられない。日本人にとっての戦争は1945年で終わっている。それ以降、戦争は「関係ないこと」になっている。でも日本人だからという国籍をもとに何かを判断して終わる時代ではない。そもそもこの国籍そのものが、人間同士を分断する元凶ではないのか?国益しか頭にない中国がオリンピックで掲げたテーマ「One World One Dream」(・・結局低能独裁国も本来どうあらねばならないかということは分かってるわけです。頭の片隅では。)・・このテーマと比べて、今の世界は?「一つの世界、一つの夢」になっているかどうかの答えがこれです。



georgia15.jpg


georgia26.jpg


georgia28.jpg


無題


georgia4.jpg

もう一回、一からやり直すしかないのかな。同じことを何度も繰り返している以上、これ以上の進歩は望めまい。過去においても何度も大きな文明が滅んでいるというのは、ここまで来て行き詰って戦争で滅んでいったということだろう。やっぱり猿からもう一回やり直しかな・・

f123d7e2.jpg



photo/War in South Ossetia


category: ニュース

thread: 写真日記  -  janre: 日記

CM: 4 TB: 0   

宇宙人も祝ってる?北京五輪 

とりあえず、こんなん出ました。

MilkHill8SteveAlex.jpg

例のミステリーサークルってやつです。イギリスのウィルトシャ州ミルクヒルって所に8月8日に出たそうだ。デザインも「8」ですよね。

e20080808milkhill02.jpg

すげえな。これを見るだけで、宇宙人の持つ科学、物理、数学などのレベルが人間の遠く及ばない所にあるのが分かります。

P8087944j2.jpg

8月8日に出た「8」の形のミステリーサークル。宇宙人もオリンピックを一緒に祝いたかったのか?とりあえず彼らも何かしたかったんだろうってのは伝わってくるけど。

IMG3168.jpg

これを見るたびに思うのは「だから何?」ってこと。
「すごいのは分かる。デザインも美しい。人間よりはるかに知能の優れた者の仕業だというのは分かった。で?何が言いたい?これ作ってどうなる?人間を驚かして感心させて、それで終わりか・・」

07082008259.jpg

こういうのが出現する度に情報が世界に配信される。そしてそれを見る度に驚きと感心とストレスを感じる。「またやったのか。意味がありそでなさそなことを。いつまでやる気だろ?こんなこと」

07082008247.jpg

宇宙人も人間に関心ありありってのは分かるんだけどさ。なんか意思表示の仕方というかメッセージの送り方が抽象的なんだよな。もっと何か別の方法ないのかい?

P8087976c.jpg

もっとも、こういう表現方法しか許されてないのかもしれないけどね。人間の進化した遠い未来の姿が宇宙人って説もあるし。多分そうだとは思う。時間と空間を曲げるところまで知能がたどり着けば、過去に戻って時間旅行をするのも可能だろう。8月8日という暦を知ってるのも人間ぽいし、歴史上の大きな出来事があったときは決まってUFOが飛んでるらしい。(これ、人類の歴史のデータが宇宙人の手元にあるってことです)・・また、ミステリーサークルを見れば分かる通り、連中の知能は人類のはるか先を行ってる。もし人間を滅ぼそうと思えば簡単だろう。なぜしないのか?人間が「自分たち自身」だからではないのか?過去の自分たち自身。だからこそ、異常に人間に関心があって年がら年中世界のどこかをUFOが飛び回ってる。・・まだ僕は見たことないですけどね。


photo/Crop Circle at Below Milk Hill










category: ニュース

thread: 写真日記  -  janre: 日記

CM: 6 TB: 0   

オリンピックと戦争が同時に開幕! 

昨日オリンピックが開幕しました。同じ日にグルジアで戦争も開幕しました。何やってんだかなあ。戦争あっての平和であって、平和だけの平和はないってことか?しょせん世界平和なんて絵空事なのかもしれんな。平和がほしいのは分かる。でも戦争が現実なんだ。

d0007923_0363881.jpg

昨日、グルジアとグルジアからの独立を目指す南オセチアとが戦争を始めたらしい。で、ロシアがオセチアの独立を支援していて、現地に駐留させてる平和維持軍(ロシアの軍隊)を軍事介入させたという事だ。(人殺しをやる集団に「平和」の名を冠してるのが笑えるが)・・このロシアの介入も下心みえみえだな。オセチアの分離独立が成った暁には、自国に編入して骨までしゃぶりつくそうって事だろう。

r1.jpg

どうすんだよプーチンよ?オリンピックなんか眺めてる場合じゃないだろが。
戦争おっぱじめた首相が平和の祭典に出席してるとんちんかんさ加減・・

national_0803_021.jpg

こいつも同じ。胡錦濤。こいつはチベットとトルキスタンで一千万人以上殺してる。殺人鬼なんて言葉が陳腐に思えるほどの虐殺専門家だ。こいつは死後、あの世でサタンの右腕になることだろう。

img_640530_33593281_0.jpg

お前はこんな所に立つ資格があるかあ?大量虐殺者のお前が、平和を唱えるなんて許されないことなんだぞ?

20080809k0000m030144000p_size5.jpg

オリンピックと平行して、グルジアではミサイルが飛んでます。笑えますな。

20080809k0000m050081000p_size5.jpg

同じ火薬を使って、方や平和を謳い、方や殺し合う。人間の中に崇高さと愚かしさが共存している。

080809-4.jpg

テレビで見ていて、花火の赤や中国国旗の赤が血の色に見えて仕方なかった。このオリンピックを開く為に、犠牲となり死んでいった者達の声なき叫び!・・血の叫びだ。

view-jiji-7073919-world.jpg

グルジアで戦争が行われているときに、北京で胡錦濤が指揮するオリンピックを見てるんだ思うと楽しめない。・・四年に一度のオリンピック。いっそ何もかも忘れてバカになって単純にオリンピックを楽しむべきか?ピースサイン出してカメラにイエ~イってやってる連中みたいに・・









category: ニュース

thread: 写真日記  -  janre: 日記

CM: 4 TB: 0   

怖い話 現実バージョン 

圏央道、激突死・・・5日午後3時10分ごろ、茨城県つくば市大井の圏央道で、トラックと乗用車が正面衝突した事故。トラックの2人は軽傷だったものの、乗用車の4人は全員即死。

20080806k0000m040083000p_size5.jpg

20080806-00000103-fnn-soci-thumb-000.jpg

亡くなった4人は千葉県佐倉市の県税事務所の職員。・・千葉市美浜区幸町、森田義弘(54) 成田市南平台、鈴木和也(21) 印旛村平賀学園台、伊藤広章(33) 東京都墨田区立川、椎名孝之(28)

・・4人は茨城県城里町で差し押さえた土地の現地確認を終え帰る途中だったそうだ。が、他人の土地を差し押さえて悠々と帰るはずが、まさか自分たちが「命の差し押さえ」を食らうことになるとは夢にも思わなかったろう。事実は小説よりも奇なりというやつだ。


豊島区雑司が谷の地下マンホール内で作業員5人が流された事故。
 ・・これも恐ろしい。何が一番恐ろしいかと言えば、5人の死に方だ。

dst0808051926014-p4.jpg

・・5日午前11時40分ごろ、突然鉄砲水のような濁流がマンホール内の作業員を押し流したらしい。下水管の中での溺死である。他人のクソ小便その他の汚水を肺一杯に飲み込んでの窒息死!これほど恐ろしく、かつ、惨めな死に方があろうか?自分の人生の終点がクソの中なんてあり得ない!でも、事故にあった5人の終着地はそこだったという事実。こんな恐ろしいことが「普通の毎日の中に」潜んでいる。信じたくないほど怖い出来事だ。

category: 怖い話

thread: 写真日記  -  janre: 日記

CM: 0 TB: 0   

真夏の夜の怖い話その3 

「黄色い少年」・・・阿刀田高、選 『寄せられた体験』より

・・夏休みのある日、私は下の息子と、近くの遊園地、T園に行くことにした。下の息子は八歳。この夏、甲虫に夢中である。家にも十匹以上の甲虫類を飼っているのだが、T園にいる世界の珍しい甲虫を見るのがお目あてなのだ。私鉄S線でT園にはすぐに着いた。フリーパスを買って、開園と同時に昆虫館に向かった。たっぷりと午前中をそこで過ごした。見たり触ったり、息子は甲虫を満喫した。

IMG_5759205B800x6005D.jpg

涼しい昆虫館を出ると、べたべたした暑さがまとわりついてきた。コーラのジャンボサイズを買い、それを顔に押しあてながら歩いた。お昼を食べる前に一つ、何かのアトラクションに乗りたいと言う息子は、「ここってお化け屋敷あるの?」と聞いてきた。最近行ったディズニーランドのホーンテッドマンションをとても気に入っているのだ。私がT園に来るのは、上の息子が小さい時以来だったので、かれこれ十年ぶりだ。あの時は確かにあった。怖がる上の息子の肩を抱いて入った記憶が蘇った。記憶の中のお化け屋敷は、下の息子がホーンテッドマンションから得たお化け屋敷のイメージとはちょっと違うぞ、と思いながら案内図を見てみた。

IMG_5754205B800x6005D.jpg

「今もあるのかな。前に行ったのは十年も前だし、結構古かったから、もうないかもよ」でも、それらしいものがそのままあるようだった。それで、「見てから入るかどうか決めるよ」と言う息子と、お化け屋敷の方へ歩いて行った。真向かいのメリーゴーラウンドの華々しさとは対照的に、それはひっそりと存在していた。外から見ただけでは内部の様子はわからない。二人並んでカートに乗ることしかわからなかった。・・・お化け屋敷なのだから先が見えないのは当たり前なのだが・・・。

495934841_62cdab1b6a.jpg

二人で見ていると、黄色い蛍光色のTシャツを着た男の子が、一人でぴょんとカートから降りてすたすたと歩いて来た。息子と同じ位の歳か、小柄なせいか幼いようにも見える。「あんな小さい子が一人で乗っているんだから怖くないかもよ」と私は言った。男の子はそのまま歩いて、再びお化け屋敷の入り口に向かい、すっとカートに乗った。「もう一回乗るんだね」まわりを見回したが保護者らしき人はいない。男の子が一人で物慣れた様子で乗ったのに違和感を持ったが、うちの子が幼いのかな、と思いながら、「入るの?どうするの?」と息子に聞いた。入りたいけど怖い息子は、「お昼を食べながら考えるよ」と言った。何事もさんざん迷ってから決めるのだ。そしてゆっくりとラーメンを食べた後、やっと入ることを決心した。私たちは、再びお化け屋敷の前に立った。息子は、お化け屋敷から出てくる客の一人一人の表情から、どのくらい怖かったのかを読み取ろうとしている。暑いのに手をつないでくるので汗でべたべたになった。そんなに怖いのなら、いっそ入らなければよいのにと思うのだが、彼は入りたいのだ。怖がることや迷うことを楽しんでいるようにもみえる。息子は、しばらく一人一人を食い入るように見ていたが、その中の一人に目をとめた瞬間、私の手を痛いほどぎゅっと握った。さっきのあの子が、またカートから降りて来たのだ。

2005072722364900d.jpg

小柄で、蛍光色の目立つTシャツを着ているあの子である。そしてその子は何の迷いもない様子で、私たちの二、三人後の方に並んだ。「ずっと乗ってたのかな」と息子がぼそっと言った。「よっぽど好きなんだよ」と私もぼそっと答えた。私は気になってちらちらとその子を見た。目立つ黄色いTシャツ。Tシャツはだぶだぶで、つき出た細い手足が一層にょきにょきして見える。首からフリーパス券を下げている。顔立ちは平凡で、これといった特徴もないことが、目立つ蛍光色とつり合っていなかった。さらに変なのは、この子が無表情であるということだった。怖いでもなく、おもしろいでもない。子どもというものは、くるくると表情が変わるはずなのだが、何の感情の動きも見られないのが、うちの子やまわりの子と決定的に違っていた。

2005072722364901d.jpg

しかも、なぜこの子はたった一人でお化け屋敷に入るのだろうか。考えるほど妙な感じがした。単純にもいろいろな子どもがいるんだという結論に達した頃、私たちの乗る順番が来た。入ったとたん、まっ暗で何も見えなくなった。かびくさい臭いがした。うす暗い光の中に浮かび上がったのは、十年前と変わらぬ世界。お寺、墓場、読経、井戸、さらし首・・・。もろに日本の昔ながらの、おどろおどろしいお化け屋敷だった。ホーンテッドマンションをイメージしていた息子は、初めての世界に面食らった。あまりの怖さに目をぎゅっと閉じたまま、私に抱きついている。時々「まだ?」「まだ?」と聞く。

2005072722364902d.jpg

終わって出て来た時は、二人ともくたくただった。息子はずっと体を固くしていて、私はずっとしがみつかれていた。「もう絶対入らない!」と息子が言ったので正直ほっとした。ところが、後ろから降りてきたあの少年は、また入り口へまわって列の後ろに並んだのだった。「えーっ!また並んでるよ」私たちはあきれて顔を見合わせた。ひょっとしてあの子は、朝からずっと乗り降りを繰り返しているのではないだろうか。朝からずっと無表情のまま、機械じかけの人形のように。「変な子!」肩をすくめながら私たちはそこを離れて別のアトラクションに行った。

2005073121060700d.jpg

ミラーハウスやらゴーカート、アスレチックなど次々に楽しんだ。少年のことはいつしか忘れてしまっていた。イチョウ並木にライトアップの光が点り、閉園を告げるアナウンスが流れ始めたので、私たちは出口に向かうためにお化け屋敷の方へ歩いて行った。お化け屋敷を目にするまで、私たちはあの少年のことはすっかり忘れていた。お化け屋敷が見えた時、嫌な気分になった。

img_1407087_55694505_0.jpg

蛍光イエローの姿をまた見てしまうような、まさかもういくら何でもいないだろう、いてほしくないというような混じり合った嫌な気分。息子の手がまた私の手にしっかりとつかまってきた。お化け屋敷のまわりには誰もいなかった。ほっとため息をついた時、黄色い少年が、平然とカートから降りてきた。そしてまた、入り口に歩いて行った。

90099_PC_M.jpg

どんな展開になるのだろうと、私たちは目を見開いた。立ち入り禁止のチェーンをはりながら、「もうおしまいです」と係員に事務的に言われたその少年は、そのままそこに立っていた。背中を向けているので表情が見えない。でも、きっと何の表情もないだろうな、と思った。ところが、ちょうどそう思った時、なぜかその少年はちょっと首を曲げてこちらをちらりと見たような気がした。そしてなぜか、にやりと笑った気がした。息子の手がすうっと冷たくなった。「怖いよ。あの子」息子は言った。つい目で追ってしまう蛍光の黄色が、出口に向かってだっと走り出した。うす暗がりの中にいつまでも溶けこむことなく小さくなって行き、そしてようやく消えて行った。 (体験者 練馬 泉/東京都44歳)








category: 怖い話

thread: 写真日記  -  janre: 日記

CM: 0 TB: 0   

真夏の夜の怖い話その2 

「新耳袋第一夜10章87話より」
・・愛知県にサーファーたちのメッカといわれる岬がある。サーファーたちはたいてい夜中にやって来て、早朝になると浜に出てゆくそうだ。彼もその日の夜中にやって来て、車を堤防沿いに停め、仮眠をとった。潮の匂いと高い波の音が心地良い。たまに、人の歩く気配などもするが、それは自分と同じサーファー仲間たちのものであると思っていた。

IMG_6632.jpg

その夜はなかなか眠れず、寝返りばかり打っていると、ひた、ひた、ひた、ひたと、人が裸足で歩いている音がする。なにげなくその足音の主を見て、ギョッとわが目を疑った。そこを歩いていたのは腐乱した人だったのだ。足音は普通の人間の足音に聞こえる。だが、その姿は・・・・・・、彼は、それがぐちゃぐちゃに腐乱した人のような形をしたものであったと言って口を閉ざした。

03-11-29-03.jpg

それは、別になにをするということもなく、通り過ぎていくだけであった。その日はサーフィンどころではなく、気分が悪くなってすぐに帰った。実際、そこにサーファーの幽霊が出るという噂は以前からあった。波に呑み込まれ、テトラポットの底にひっかかったまま、いまだに浮き上がってこない仲間たち、そのなかの誰かが浮かばれないまま、幽霊になって歩き回ることがあるという。

03-11-29-05.jpg

後日、その岬に出かけ、何人かのサーファーに噂のことを聞くと、見たという者が何人かいたが、決まって見たという以上の話になると口をつぐんだという。


category: 怖い話

thread: 写真日記  -  janre: 日記

CM: 0 TB: 0   

真夏の夜の怖い話 

長崎県大浦署は2日、隣家から電気を盗んだ山内茂(51)を住居侵入容疑で逮捕した。山内容疑者は自宅の電気を止められた為に酷暑で寝苦しい夜に耐え切れず、隣家の外壁にあるコンセントから延長コードで電気を引いて扇風機を回していた。調べに対して山内容疑者は「この夏は暑くてどうしようもならない」と供述しているらしい。笑える。

3日午前4時35分ごろ、宇都宮市大谷町の県道で友人3人と道路端に座って話していた石川花菜さん(16)が乗用車にはねられ死亡した。石川さんは中学の友人とバイク2台で遊びに行く途中、1台がガス欠になった為にバイクを囲むように座って話をしていたらしい。遊びに行くつもりが、あの世に行くことになっちゃった。

3日午前11時50分ごろ、千葉県南房総市和田町の真浦海岸の沖約20メートルでサーフィンをしていた大津文宏さん(44)が海底に沈んでいるのが見つかり、病院に搬送されたが死亡した。海って怖いね。


・・8月に入ってさらに水の事故が増えると思います。プール、海に行く予定のある方は注意して下さい。・・サーファーの事故の記事を読んで、思い出した話があるので載せておきます。怖い話が嫌いな方は読まないほうがいいです。

IMG_6643.jpg

「新耳袋第九夜3章39話より」
・・Aさんは一人で伊勢志摩にサーフィンに出かけた。全国からサーファーが集まる有名な場所だ。その夜のこと。相部屋の座敷で何人ものサーファーが雑魚寝をしている中、Aさんは廊下側の襖の下で、うつらうつらと眠っていた。すると背中の襖がすっと開いた。「おい、ええ波来たで、行こうや」という元気な男の大声が後ろから聞こえた。誰を誘っているのかわからないが、その言葉を何度も繰り返す。

しつこいなあ、こんな夜中に誰が行くねん、と無視を決めこんだ。ところが誰も返事をしないせいか、足元にいる自分に声をかけられている気になってきた。とはいえこっちも疲れていて海に行く気にはなれない。「いや、遠慮しとくわ」と返事をすると、襖が閉まった。しばらくすると、また襖が開いて「なぁ、ええ波来たで、行こうや」同じ男だ。「ええって、寝とるわ」すると黙ったまま襖が閉まった。

5.jpg

さらに遅くなってまた襖が開いた。「ええ波来たで、行こうや」頭に来た。「うるさいなぁ、夜中やぞ。なんでええ波来たてわかるんや」さすがにこのしつこい奴がどんな男か見てやろうと起き上がりながら振り返った。開いた襖のむこうには誰もいない。息をのんだ。「俺、去年、夏、ええ波、来たで、のまれて、もた、行こうや」廊下の天井の近くにその声を聞いた。静かで小さい声だった。




category: 怖い話

thread: 写真日記  -  janre: 日記

CM: 0 TB: 0   

理解に苦しむ事件など 

埼玉県川口市の中3の少女が父親を刺し殺した事件ですが、その後の調べに対して少女は「すべての人間関係が嫌になった。気を使って生きるのに疲れた」と語ったそうです。これって、15歳の女の子が吐くセリフにしては早すぎないか?15で人生のすべてを俯瞰しちゃったのかな?なんか寂しいね。

2日午後1時15分ごろ、新潟県柏崎市中田の県道で県立高校2年の男子生徒が自転車をこぎながら包丁を振り回して逮捕された。「世間を騒がせたかった」らしい。どゆこと?

31日午後7時15分ごろ、和歌山市松江の大型商業施設「メッサオークワ ガーデンパーク和歌山店」で、19歳の少年が大声を上げながらナイフを振り回して走り回った。むしゃくしゃしていたらしい。どゆこと?

2日午前2時35分ごろ、札幌市北区の釣具店「フィッシュランド太平店」で、万引き犯を追ったアルバイト店員の迫田寛之さん(23)が犯人の車に轢かれて死亡した。2人組の犯人は逃走中。釣竿なんて命と引き換えに守るような物じゃないでしょ。大事にすべきものの判断がつかなかったのかな。正義感もほどほどにしないと。この子も映画と現実の区別がつかなかった口か・・。

31日夕方、フィリピンマニラ近郊のカバナトゥアン市のみやげ物店前で、桑原明男さん(51)がフィリピン人妻(36)のバックをひったくろうとした男と揉み合っている最中に、拳銃で頭を打ち抜かれて死亡した。犯人はバイクで逃走。東南アジア人怖ぇ~!簡単に殺すからな。連中はポケットから普通に拳銃が出てくるって事を頭に入れておかないと。日本の感覚で海外に行くとこうなるって事だね。


・・理解に苦しむ事件が続いている一方で、秋葉原近くの神田明神では2日、メイド喫茶の店員たちが「打ち水始め式」を行ったんだとか・・。


秋葉原で社会貢献を行う市民の会リコリタ主催の「打ち水っ娘大集合!2008」なるものらしい。温暖化で暑くなりすぎちゃった地球を「打ち水で」冷やしましょっていうノリらしいです。

g2jkxmdq.jpg

うん。まあいいんじゃないでしょうか。人を刺したり刺されたりやってるよりは。このくらいのんきな方がまだましかもしれないです。とりあえずいいという事にしときましょう。

category: ニュース

thread: 写真日記  -  janre: 日記

CM: 0 TB: 0   

セミ~宇宙に見る諸行無常 

み~んみ~ん。夏真っ盛り。一生懸命セミが鳴いてます。で、人間は思います。「セミって7日しか生きられないんだよな。可哀想に・・」なぜかセミ=同情する生きものになってる。でもひょっとしたら事実は違うかも・・

19828.jpg

「寿命が7日だから可哀想」は、人間的な時間の捉え方で見たらそうなるという事に過ぎない。たとえばある人が70歳で生涯を閉じるとして、振り返った時にセミの7日間とどれほどの違いがあるといえるか?案外、同情されてるのは人間の方かもしれない。セミにとっては7日間が70年に匹敵する内容を持ってるんじゃないかな。生きものは皆それぞれの時間を生きていて、可哀想とか羨ましいとか、そういうものじゃないのかもしれない。


NASAが中心になって進めているWMAP衛星プロジェクトチームの調べによると、宇宙の年齢は137億歳らしい。137億年ってどういう時間だ?80年前後しか生きられない人間に理解できるはずもない。これって、宇宙的目線で見れば人間はセミと大差ないって事じゃないか?「へぇ~人間って80年しか生きられないんだ。可哀想だね」・・でも人間にとっての80年は短くないよね。セミ君どう思う?

・・旧約聖書によると、神様は6日間で天地(全宇宙)を創造して、7日目に休まれたとある。これは聖書がウソを言ってるんじゃなくて、神様の目線で見れば137億年は7日位の時間に過ぎないという事だろう。

ori65.jpg

夏なのに冬の星座の話になっちゃうけど、オリオン座。一番メジャーな星座です。この左上のオレンジ色に光ってるベテルギウスという星。地球から500光年の距離にあるらしい。500光年!単純に光の速さで500年の距離ですって言っても、ちょっと実感できない。だって、光のスピードって時速10億8千万kmですよ。人間が想像できるのは、せいぜいF1が出す時速300km位でしょう。でも、その光の超絶スピードで500年かかって届いた輝きを見てるんです。見えてるという事はある意味、星との距離がなくなってるんですよね。ワープしてるとも言えるかな?おまけに全天の星を一度に見てるという事は、無数の星との間にある時空を超えて見てる事になりませんか?たかだか80年足らずの生きものの人間が、137億年の全部を眺めてるんです。・・神様が作った時間のトリックでしょうか?

19823.jpg

セミから宇宙の果てまで話が飛んじゃいました・・。いろいろ考えてみると生命の価値って同じなんですよね。虫一匹であっても、生命の価値としては人間とイコールなんだ。そうなると人間が起こした地球規模の環境破壊。これってとんでもない事ですな。宇宙と生命の価値が分からない人間の無知と傲慢がやらかした破壊行為。今ごろになって事の重大さを理解したのか、温暖化対策だなんだと騒いでるわけだけど、間に合うのかな?もっとも取り返しがきかずに人間が地上から消えたとしても、宇宙的にはなんの問題もないんでしょうね。花火がはじけて消える程度の事に過ぎないのかもしれません・・。



category: 写真日記

thread: 日記  -  janre: 日記

CM: 0 TB: 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。