Admin New entry Up load All archives

「永遠と今、日記。」

野良猫の写真や動画、その他、日々感じたことを書いてます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

大工のヨセフ 

06carpe_convert_20090820171110.jpg
ジョルジュ・ド・ラ・トゥール作(1645年)
蝋燭で父の手元を照らすのが、幼き日のイエスです。
スポンサーサイト

category: 絵画

thread: 日記  -  janre: 日記

CM: 0 TB: 0   

フェルメール 

たまには
earring_convert_20090621122927.jpg
いいもんです。

category: 絵画

thread: ひとりごと  -  janre: 日記

CM: 0 TB: 0   

人間の悪とゴヤの「巨人」 

h-gya5.jpg
スペインの画家、ゴヤの作品とされてきた「巨人」が、実はゴヤ作ではなくて
弟子のアセンシオ・フリアの作品である可能性が濃厚・・というニュースがあった。
まあ細かい話より・・

この絵から、現代人が抱えている、いろんな「負の部分」を感じて
なんだか見入ってしまった。
人間の持つ巨悪の象徴が「巨人」として描かれているのか
巨人に踏み潰されないように
悪魔が振りまく災禍から逃れるために
足元にいる人間たちは必死になって逃げ惑ってる
逃げ遅れたら・・アウトだ。

現代に生きる我々も、絵の中の人間たちと
何も違わないような気がする。
手元にあるちっぽけな日常を守るために
必死に逃げ惑っている。
予期せぬ不幸に遭遇しないで済むように・・
明日も今日と同じように、ささやかで
取るに足らない一日を過ごせますように・・

でも「巨人」は必ずやって来る。
次に不幸の目を当てるのは誰だ?
ロシアンルーレットのように、順番は巡ってくる。
自分だけは当たりたくないと、必死に逃げ惑う姿。

この絵は1808年頃のものらしい。
200年前の絵から、そのまま今を感じるということは・・
いつの時代も人間は、人間の悪から逃れようとして
七転八倒してるということか。



category: 絵画

thread: (´-ω-)  -  janre: 日記

CM: 2 TB: 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。